協賛いただける企業を募集しています。
詳しくはこちら

人類の課題を解決するために、
世界中の学生にできることがある!

人類がこのままの生活をしていくと、
2050年には地球が3つ必要になると
言われています。

この人類史上最悪のシナリオを避けるために、
若い世代の人たちがデザインや
クリエイティブで貢献できることがある。
このアワードは、
そんな思いからはじまりました。

本アワードでは、デザインに興味のある
世界中の学生から、
新鮮で大胆、
そして画期的な解決策を公募します。
さあ、あなたのデザインで、
人類の新しい未来を創り出しましょう!

特別協賛

  • 西日本シティ銀行

協賛

  • 家具のオカムラ
  • 西部ガス
  • PROMO JAPAN
  • 福岡デザインスクール
  • 三好不動産
  • やまや

SDGs Design
International Awardsの紹介

下線

デザインに対する社会からの期待が高まっています。SDGsで目標とされている飢餓や貧困、食料の問題など、一見デザインとは無関係に見える課題に対しても、デザインで解決しようという取り組みが世界中で起こっています。デザインの役割は、「色や形による造形表現」の枠を超えて、私たちの社会が抱える課題を解決する有効な方法になっているのです。
このアワードは、社会を変えることができる若く可能性のある学生を表彰し勇気づけるとともに、彼ら彼女らが生み出した解決策を世界の多くの人々とシェアし、未来のより良い社会づくりに活かすことを目標に推進していきます。多くの学生のみなさんの参加、そして、このアワード実施へのご賛同、ご協賛、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

SDGsデザインインターナショナルアワード2019
実行委員長 井上 滋樹

九州大学大学院芸術工学院 教授

募集テーマ

下線

A,B,Cいずれかのテーマに沿ったデザインを、企画書(所定のフォーマット)にまとめて、応募フォームからご応募ください。フォーマットは「応募する」ページからダウンロードできます。

1次審査を通過した企画書は本WEBサイトにて公開いたします。

A
気候変動に具体的な対策を

自然災害による被害の
対策につながるデザイン

日本では、台風や梅雨期の豪雨による河川の氾濫、高潮被害、土砂災害など自然災害が頻発していますが、こうした災害は世界の多くの地域で発生している問題です。世界でその対策を講じる必要があります。そうした理由から、ここでは台風や豪雨のような自然災害による被害の対策につながるデザインを募集します。

B
海の豊かさを守ろう

美しい海の豊かさを
守るためのデザイン

世界の海はつながっています。そのため、近くの海の汚染が地球の裏側にも広がります。プラスチックなどの漂着ごみの被害や赤潮の発生による海の汚染、漁業被害が深刻化している中で、海の豊かさを守り、長期にわたって美しい海と資源が守られるようなデザインを募集します。

C
パートナーシップで目標を達成しよう

国籍、民族、年齢を超えて
多様な人が共生するためのデザイン

ダイバーシティや女性や高齢者の社会参画は、国や地域に関係なくこれからの社会の活性化のために必要不可欠な課題です。年齢、性別、障がい、人種、民族、あるいは経済的地位やその他の状況に関わらず、多様なわれわれが、安全で平等、そして幸福な社会を共に築くためのデザインを募集します。

賞 金

下線
金メダル
最優秀賞 1組 30万円
銀メダル
準優秀賞 1組 20万円
銅メダル
優秀賞 1組 10万円
ファイナリスト
特別奨励賞 2組 5万円

応募要項

下線
デザインに関心のある国内外の専門学校生、大学生、大学院生など。
(社会人学生も含む)
デザインを専門的に学んでいない学生の方の応募も可能です。

個人もしくはグループ

2020年3月14日(土)に九州大学大橋キャンパスにてプレゼンテーションできる方

応募デザインの
条件
デザインのジャンルは問いません。色や形を伴うデザインに限らず、サービスや社会の仕組みのデザインなども含めます。SDGsの目標達成に貢献できる、実現可能性のある提案を求めます。
1次審査応募期間
2019年6月1日〜2019年10月31日

審査員

下線
  • [ 審査員長 ]

    平井 康之

    九州大学大学院
    芸術工学研究院

    教授

    (写真:川本聖哉)

  • [ 審査員 ]

    Hua Dong

    英国ラフバラー大学
    デザイン学

    教授

  • [ 審査員 ]

    加藤 公敬

    公益財団法人
    日本デザイン振興会

    常務理事

  • [ 審査員 ]

    Clare Brass

    Department 22

    ディレクター

  • [ 審査員 ]

    永井 一史

    ㈱HAKUHODO
    DESIGN

    代表取締役社長

企業グラント

社会課題に関心があり、
デザインを学ぶ学生の活動を助成するための
グラント(研究奨励金)対象を募集します。

おかげさまで創立15周年15thANNIVERSARY

<テーマ>

キャッシュレス時代における
銀行店舗の新しいデザイン

<研究奨励金>

20万円

お問合せ

下線

九州大学 大学院芸術工学研究院内
SDGsデザインユニット事務局

815-8540 福岡市南区塩原4-9-1

TEL 092-553-9461

SDGsにデザインで取り組むユニット

SDGsデザインユニット